合同会社オクトエル

コンサルテーション

希望する解決策の多くが悪循環を加速させる

日常生活や仕事の中で、本当は自分はその仕事ができるのに、その能力を発揮できなかったことはありませんか?

 

例えば、人前で、プレゼンテーションをしようと思った時に、本当は知っているのに、本当はその話ができるのに

 

・頭の中が真っ白になったり
・ど忘れしたり

 

して、うまく話せなかった経験はないでしょうか?

 

また、学生時代に、

 

・本当はその問題は解けるのに間違えてしまったり
・直前まで覚えていたのにテスト用紙を見た瞬間から思い出せなくなったり

 

した経験はないでしょうか?

 

他にも

 

・スポーツで大事な試合で力を出せなかったり
・好きな人の前にいくとしゃべれなくなったり

 

など。

 

そんな経験が私どもにもいっぱいあります。

 

それは、あなたに能力が無いというわけではなく、そのとき、その場面において、あなたは能力が発揮できない状態になっているだけと考えています。

 

もし、あなたが自分の状態を最高に保つように、そして、更に成長できるように、身の回りの環境をデザインできたら素晴らしいと思いませんか?

原因は自分では気づきにくい意外なこと

こんな例もありました。

 

売り上げが伸びなくて困っている個人事業主の女性がいました。

 

お会いしてお話を聞いて見ると、とっても人当たりが良く、締めるべきところは締める、なぜ、売り上げが伸びないのだろうか?

 

最初はわかりませんでした。本人は、自分に原因があると信じていたので、カウンセリングやコーチングを求めていました。

 

でも、ある日、判明したのです。

 

営業に行く際の

 

・髪形
・化粧
・スーツ
・名刺

 

のデザインが、

 

彼女の本来のイメージと正反対

 

だったのです。

 

その相反する無言のメッセージにより、顧客は理由もなく不安になってしまうことが予想されました。

 

そこで、髪型、化粧,スーツ、名刺のデザインをしなおしたところ、彼女の望むような結果が(本人曰く)劇的に手に入るようになりました。

 

原因は意外なところにあり、自分では気づきにくいものなのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 会社概要 事業内容 アクセス お問い合わせ